トラストバンク、平成30年西日本大雨の災害支援のため、ふるさと納税を活用した「ふるさとチョイス 災害支援」を開設
~ ふるさと納税を活用したクラウドファンディング事業「GCF™」においても災害支援プロジェクトを立ち上げ、支援のための資金調達を開始 ~

2018年7月5日からの西日本を中心に発生している集中豪雨により被災されたすべての皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

ふるさと納税総合サイト『ふるさとチョイス』( http://www.furusato-tax.jp )を企画・運営する、株式会社トラストバンク(本社:東京都目黒区、代表取締役:須永珠代、以下「当社」)は、「平成30年西日本大雨災害」による被災地支援のため、ふるさと納税の仕組みを活用して災害など有事の際に寄附金を集めることができる仕組み「ふるさとチョイス 災害支援」における災害時緊急寄附申込みフォームを開設しました。

また、当社は、佐賀県庁と連携し、ふるさと納税を活用して、自治体がプロジェクトオーナーとなりクラウドファンディング型で広く資金を調達する「ガバメントクラウドファンディング™(GCF™)」において、「平成30年西日本大雨災害」の被災地を支援するプロジェクトを立ち上げました。プロジェクトでは、特定非営利活動法人「アジアパシフィックアライアンス・ジャパン(A-PADジャパン)」と協働し、パートナー団体とともに捜索救助チームを派遣するほか、今後の避難所支援、ボランティア派遣などを行うための資金調達をふるさと納税を活用して行います。

トラストバンクは今後も、「ふるさとチョイス 災害支援」および「GCF™」を通じて、被災自治体の復興・復旧を支援してまいります。

株式会社トラストバンク 代表取締役 須永珠代のコメント

「ふるさと納税を活用した『災害支援』や『GCF™』は、寄附金だけでなく、寄附者の支援メッセージを被災自治体に直接届けます。また、被災状況の発信を通じて、日本全国に災害の被害を伝える役割も担っています。ふるさと納税を活用した『災害支援』や『GCF™』は、日本全国の自治体や寄附者の方々が力を合わせて、被災地を支援できる仕組みであり、今後の復旧、復興に向けた大きな力になると信じています。皆様、どうぞご支援のほど、何卒よろしくお願い致します」

  • ※ 災害時緊急寄附申込みフォームによる支援では、株式会社トラストバンクは一切の収益を得ません。

  • ※ 被災地域への支援金のため、原則寄附先の自治体からのお礼の品はございません。

□■ 平成30年西日本全域大雨災害「ふるさとチョイス 災害支援」の概要 ■□

□■ 平成30年西日本全域大雨災害「ガバメントクラウドファンディング™」プロジェクトの概要 ■□

CONTACT TRUSTBANK