ふるさとチョイス、災害支援・ガバメントクラウドファンディングの 寄附総額100億円突破キャンペーンを実施!

~ 寄附者の想いが届いた地域へ行く「使い道体験ツアー」に5組10名様をご招待~

ふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」( https://www.furusato-tax.jp )を運営する株式会社トラストバンク(本社:東京都目黒区、代表取締役:須永珠代、以下「トラストバンク」)は12月10日、ふるさとチョイスの「災害支援」と「ガバメントクラウドファンディング®(GCF ®)」のふるさと納税の寄附総額が2019年に100億円を突破したことを期して、5組10名の寄附者を災害支援とGCFに取り組む地域に招待する「使い道体験ツアー」のキャンペーン( https://www.furusato-tax.jp/feature/a/tukaimiti-taiken )を始めました。

災害支援は被災地支援、GCFは地域の課題解決という「使い道」から寄附先の自治体を選ぶ仕組みです。今回のキャンペーンでは、2019年12月時点で総額120億円を超えた災害支援とGCFを通じて、寄附者の想いがのった寄附金がどのように活用され、地域が変わったのかを現地で知ることができる「使い道体験ツアー」を実施します。

ふるさとチョイスは2012年の開設以来、ふるさと納税を寄附者が税金の「使い道」を行政に反映できる仕組みとして「あなたの意思をふるさとに」をキャッチコピーに掲げてきました。トラストバンクは今後も、ふるさと納税による地域の変化や寄附金の使い道を発信し、全国に想いがのった寄附金を届けてまいります。

□■ 災害支援・GCF100億円突破キャンペーン「使い道体験ツアー」の概要 ■□

  • ◆キャンペーン名:地域への想いを届け続け「災害支援」「ガバメントクラウドファンディング®」寄附流通総額100憶円突破!「みんなの想いが届いた地域へ5組10名様を使い道体験ツアーにご招待」
  • ◆キャンペーン期間・対象:2019年12月10日~31日の期間中、ふるさとチョイスを利用して総額1万円以上の寄附をした人の中から抽選で5組10名様
  • ◆応募方法:応募申し込みフォームで、災害支援かガバメントクラウドファンディングを実施した自治体の中から、行きたい自治体とその理由を入力
  • ◆「使い道体験ツアー」の内容(※来年から順次実施)

    自治体を選んだ理由をもとに現地ツアーをアレンジします。

    • (例1)ふるさと納税で復興した被災地の訪問:ふるさと納税は被災者の暮らしをはじめ、被災した農業・漁業など地場産業の復興支援にもつながっています。
    • (例2)ふるさと納税で生まれ変わった伝統工芸体験:ふるさと納税は後継者不足などが深刻化する日本の伝統文化を継承し、発展させるための活動にも活用されています。実際に、ふるさと納税で事業が拡がり、後継者ができた事業者もいます。
    • (例3)ふるさと納税で助かった動物とのふれあい:ふるさと納税で譲渡活動に取り組む地域や、動物たちの能力を活かし、災害現場やセラピーで活躍できるようトレーニングを実施している地域があります。
  • ◆ページURL:https://www.furusato-tax.jp/feature/a/tukaimiti-taiken
災害支援・GCF100億円突破キャンペーン「使い道体験ツアー」災害支援・GCF100億円突破キャンペーン「使い道体験ツアー」

株式会社トラストバンクについて

2012年4月設立。2012年9月、ふるさと納税総合サイト『ふるさとチョイス』を開設。同サイトは、約1億9,500万の月間PV数(2018年12月)、契約自治体約1,500団体超(2019年12月)、お礼の品登録数24万点超(2019年12月)を有する国内最大のふるさと納税総合サイトに成長。2013年9月、「ガバメントクラウドファンディング®」をスタート。2014年9月には災害時にふるさと納税の寄附金を被災地に届ける「ふるさとチョイス災害支援」の仕組みを立ち上げ、全国の自治体に無償でプラットフォームを提供。


※ここに掲載されている情報は、発表日時点の情報です。最新の情報と異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

CONTACT TRUSTBANK