「ふるさとチョイス」と千葉県南房総市、 令和元年台風15号で被災した市内事業者・生産者をふるさと納税で支援

~ 思いやり型返礼品プロジェクト「きふと、」に「災害復旧支援型」を追加/ 台風で被災した特定の市内事業者・生産者に直接寄附できる取り組み ~

2019年9月9日に関東地方に上陸した「令和元年台風15号」により、被災された全ての皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

ふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」( https://www.furusato-tax.jp )を運営する、株式会社トラストバンク(本社:東京都目黒区、代表取締役:須永珠代、以下「トラストバンク」)は千葉県南房総市から依頼を受け、本日9月18日より、台風15号で被災した市内事業者・生産者を「ふるさとチョイス」の特設ページおよび南房総市のページで紹介し、直接寄附を募ります。また、今回の取り組みは、2019年2月に群馬県前橋市、岩手県北上市、トラストバンクの3者で開始した、自分のためではなく、誰かのための「思いやり型返礼品」を紹介するプロジェクト「きふと、」に、新たに「災害復旧支援型」を追加して実施します。

南房総市では、台風15号により、強風による家屋の倒壊や長引く停電などで甚大な被害を受けています。市内の事業者や生産者においても、伊勢海老を備蓄しておく海水プールが停電で温度調節ができなくなり伊勢海老が全滅してしまったり、ビニールハウスが潰れ、さらに井戸水を汲み上げるためのモーターが停電で動かず農作物を育てることができなくなってしまったりと深刻な被害が出ています。

「きふと、」は、お礼の品を選ぶことでできる新しい社会貢献のかたちとして、自分のためではなく誰かの役に立つお礼の品を紹介しています。今回、トラストバンクは南房総市から被災事業者・生産者の支援の相談を受け、前橋市と北上市と連携し、「きふと、」のプロジェクトにおいて寄附を募ることになりました。台風15号で被災し、通常のお礼の品を出すことが難しい事業者・生産者を直接支援できる仕組みとして、「きふと、」の「思いやり型返礼品」に新たに「災害復旧支援型」を追加します。「災害復旧支援型」では、寄附に対するお礼の品はなく、寄附金のうちお礼の品相当分が対象の事業者・生産者の災害復旧支援金に充てられます。残りは、自治体が街の災害復興事業に活用します。

寄附者は、「ふるさとチョイス」の特設ページもしくは南房総市のページで「思いやり型返礼品・災害復旧支援型」の品を選んで寄附することで、南房総市の事業者・生産者を直接支援することができます。

(注)本取り組みの事業者・生産者を対象とした寄附によるお礼の品はございませんが、事業者・生産者から寄附者の方へお手紙(お礼状)を送る予定です。

□■ 南房総市の事業者・生産者支援の概要 ■□

  • ◆特設ページ開設日: 9月18日(水)
  • ◆URL:https://www.furusato-tax.jp/feature/detail/12234/4396
  • ◆寄附金額:10,000円~/寄附者の方に事業者・生産者からお礼状
  • ◆対象の事業者・生産者:
    • ▽東安房漁業協同組合(通常時に提供している主な品:伊勢海老・あわび)

      https://www.furusato-tax.jp/product/detail/12234/4698475

      <東安房漁業協同組合の被災状況>

      台風の暴風により、施設の屋根が破壊されました。それよりも深刻なのは長期にわたる停電によるものでした。当然、非常電源は常備していましたが、想定外の停電日数の長さによる被災が多くありました。伊勢海老を備蓄しておく海水プールでは、海から直接海水を汲み上げ温度調整をしていますが、長期にわたる停電で温度調節ができなくなり、伊勢海老が全滅してしまいました。販売できるはずの伊勢海老の損益のほか、死滅した伊勢海老の掃除など多額の費用がかかります。アワビをストックしておく水槽も同様に被災しました。これらの被害に対し、皆様からの応援お願いいたします。

    • ▽有限会社 与助丸商店(通常時に提供している主な品:伊勢海老)

      https://www.furusato-tax.jp/product/detail/12234/4698476

      <有限会社 与助丸商店の被災状況>

      海岸に店舗を構えていますので、台風の暴風により施設の壁や日よけネット等が飛ばされました。今回の台風の二次災害として、長期停電による被害も甚大でした。これまでの台風でも停電することはありましたが、長くて12時間程度。今回のように数日間に及ぶ停電となると、非常用発電機の燃料が無くなり、燃料を補給しようにも停電による携帯電話のアンテナの出力に障害が発生し、燃料の発注ができません。会社の電話は停電で当然使用できません。直接ガソリンスタンドを回っても、どこも停電で開いていない状況で、蓄養池の温度が上昇し伊勢海老が全て死んでしまいました。これらの被害に対し、皆様からの応援お願いいたします。

    • ▽安田農園(通常時に提供している主な品:メロン)

      https://www.furusato-tax.jp/product/detail/12234/4698472

      <安田農園の被災状況>

      ガラス温室で1本の木に1個のメロンを実らせ大切に育てています。台風の暴風で、温室のガラスが割れてしまいました。12棟のガラス温室で10日ごとに植え付けをずらすことで、摘果を10日ごとにずらし、温暖な気候を利用し通年出荷を行っていました。わずかながら残ったガラス温室で、少しずつお礼の品をお送りしますが、これまでのような数量を栽培するまで復旧するには日数が必要です。身がやわらかく甘い「千葉アクアメロン」を、もう一度皆様にお届けするための復旧にお力添えください。

    • ▽株式会社 利左エ門(通常時に提供している主な品:干物)

      https://www.furusato-tax.jp/product/detail/12234/4698473

      <株式会社 利左エ門の被災状況>

      南房総沖で獲れた魚介のみを使用し、干物等を作っています。水産加工業のお店なので、加工場も海の目の前にあります。今回の台風の強風で、作業場の一部が飛ばされ、別の作業場のシャッターも剥ぎ取られてしまいました。しばらくの間は、規模を縮小してお礼の品の加工を余儀なくされることになります。皆様においしい干物、珍しい干物、南房総ならではの干物をまた届けることができるまで、ご支援くださいますようお願いします。

    • ▽裕成園(通常時に提供している主な品:トマト)

      https://www.furusato-tax.jp/product/detail/12234/4698474

      <裕成園の被災状況>

      ふるさと納税のお礼の品で、トマトやレインボーカーネーション、キンカンなどをお送りしています。今回の台風は、来年用のトマト苗を植えようとした矢先のことでした。ビニールハウスが潰れ、復旧まで時間がかかりそうです。被害の少ないハウスの作物に水をかけようにも、停電によりモーターが動かず井戸水を使うことができません。幸い、水道は使えたので飲料用の水道で水をかけていますが、かなりの費用が必要になると思います。早くハウスを建て直し、また皆様に甘いトマトや、レインボーカーネーションをお届けできるよう頑張ります。ブドウもお送りできるよう数年前から木を育てていましたが、今回の台風でもう少し先になってしまいそうです。

南房総市の事業者・生産者支援南房総市の事業者・生産者支援

思いやり型返礼品プロジェクト「きふと、」とは

2019年2月、群馬県前橋市・岩手県北上市・トラストバンクが連携し開始した、「思いやり型返礼品」を全国に普及させていくプロジェクト。自分が品を受け取るのではなく、誰かにお礼の品を送ったり(直接支援)、障がい者福祉施設等で作られた品を受け取ったりする(間接支援)ことで、地域のNPOや児童養護施設などの支援を目指す。「思いやり型返礼品」には、「支援型」「寄贈型(あしなが型)」「協賛型」「参加型」がある。


※ここに掲載されている情報は、発表日時点の情報です。最新の情報と異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

CONTACT TRUSTBANK