トラストバンクと丸紅ソーラートレーディング、卒FITオーナー向け余剰電力買取サービスに関する業務提携を発表

~ 余剰電力買取の対価として地域の特産品を還元するメニューを提供 ~

株式会社トラストバンク(東京都目黒区、代表取締役:須永 珠代、以下「トラストバンク」)と、丸紅ソーラートレーディング株式会社(東京都中央区、代表取締役:内田 健介、以下「丸紅ソーラートレーディング」)は、2019年11月以降に固定価格買取制度(FIT)の適用が終了(卒FIT)する太陽光発電設備を対象とする余剰電力買取の対価として、地域の特産品を還元するサービスを提供することで合意しましたのでお知らせいたします。

本サービスを通じて、日本最大級のふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」( https://www.furusato-tax.jp )を運営するトラストバンクが提携する全国1,500を超える自治体と、卒FITする太陽光オーナーとの間につながりや交流のきっかけを作ることにより、再生可能エネルギーを通じた地域経済活性化を応援してまいります。

□■ サービス概要 ■□

  • (1) 対象地域 :全国(一部離島を除く)
  • (2) 特徴 :余剰電力買取の対価として、地域の特産品を選んで受け取ることができる
  • (3)今後の予定:
    • – 2019年9月下旬 両社公式ホームページ内に専用ページを開設
      受け取り可能な特産品のご案内および申込受付を開始
    • – 2019年11月  サービス開始

※ここに掲載されている情報は、発表日時点の情報です。最新の情報と異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

CONTACT TRUSTBANK