トラストバンク、ふるさと納税を活用した、寄附金の使途を明確にしたクラウドファンディング型資金調達で累計寄附金額が50億円に到達
〜寄附金の使い道で寄附を募る「ガバメントクラウドファンディング」と「災害支援」の関心高まる〜

日本最大級のふるさと納税総合サイト『ふるさとチョイス』( https://www.furusato-tax.jp/ )を企画・運営する、株式会社トラストバンク(本社:東京都目黒区、代表取締役:須永珠代、以下「トラストバンク」)は本日、ふるさと納税の制度を活用した、寄附金の使途を明確にして資金調達をするクラウドファンディング型資金調達事業において、累計寄附金額が50億円を達成しましたので、お知らせします。
現在、寄附金の使途を明確にして、自治体がオーナーとなり広く寄附金を募る「ガバメントクラウドファンディング」(GCF)が約22億円(注)、有事の際に被災地支援のために寄附金を募る「災害支援」が約29億円(注)を集めています(11月19日時点)。

当社は、2013年9月にGCFの提供を開始しました。昨今、寄附金の使途(使い道)を明確にし、寄附金を集める重要性の高まりに伴い、GCFのプロジェクト数が大幅に増えています。2015年が28プロジェクト、2016年が66プロジェクトに対して、2017年はすでに86プロジェクト(11月19日時点)が立ち上がっています。

GCFを開始した翌年2014年9月には、ふるさと納税の仕組みを通じて、有事の際に被災自治体に寄附金を届ける「災害時緊急寄附申込みフォーム」の提供を開始しました。2017年4月には、被災自治体および代理寄附自治体が速やかに復興のための寄附支援を募るとともに、被災地の情報を常に発信する資金調達の専用サイト『ふるさとチョイス 災害支援』を開設しました。

トラストバンクは今後も、GCFおよび「災害支援」などの事業を通じて、自治体が抱える課題や地域が取り組む活動を積極的に支援することで、持続可能な社会の実現に貢献してまいります。

□■「ガバメントクラウドファンディング」と「災害支援」の概要 ■□

(注)寄附金額は当社のサイトを通じて申し込みのあった金額(流通総額)であり、申込後のキャンセルなどにより、自治体が受け取る寄附金額と差異がある場合がございます。

CONTACT TRUSTBANK