トラストバンク、東京・有楽町にて、ふるさと納税イベント「ふるさと納税感謝祭 あおぞら教室」を開催!
〜ふるさと納税を通じた寄附金が、どのように地域に活かされているのかを学べるイベント〜

日本最大級のふるさと納税総合サイト『ふるさとチョイス』( https://www.furusato-tax.jp/ )を企画・運営する、株式会社トラストバンク(本社:東京都目黒区、代表取締役:須永珠代、以下「トラストバンク」)は 2017年11月20日(月)、 21日(火)の2日間、東京・有楽町駅前広場にて、 ふるさと納税イベント「ふるさと納税感謝祭あおぞら教室」を開催します。

「ふるさと納税感謝祭あおぞら教室」開催イメージ

■ふるさと納税を活用して、地域の課題解決に取り組む自治体が集結
平成28年度、ふるさと納税による寄附金は、約2,844億円が全国の各自治体に集まりました。今回のイベントでは、自治体が集めた寄附金が何に使われているのか?皆さんが寄附した寄附金がどのように地域に活かされているのか?という疑問に答えるため、全国から7つの自治体が、東京の中心地である有楽町に集まります。

■ふるさと納税の寄附先を寄附金の使い道から選択する「ガバメントクラウドファンディング」
今回のイベントでは、「ガバメントクラウドファンディング」という仕組みを活用している先進的な自治体が集まります。「ガバメントクラウドファンディング」とは、自治体が地域の課題解決のために立ち上げたプロジェクトに対し、ふるさと納税を通して支援ができる仕組みです。「ガバメントクラウドファンディング」では、若者の教育サポート、フードロスや離島存続の危機を救うプロジェクトなど、通常のふるさと納税と比べて、寄附金の使い道がより明確です。そのため、寄附者は地域の課題解決に直接的な支援ができます。
今回のイベントでは、「ガバメントクラウドファンディング」を活用し、地元の課題を解決しようと取り組んでいる日本各地の活動を紹介します。

□■ イベントの概要 ■□

  • ◆開催日:2017年11月20日(月)・21日(火)
  • ◆開催時間:10:30~19:30
  • ◆開催場所:有楽町駅前広場
  • ◆参加費:無料

<ブースを出す自治体と各自治体のプロジェクト(日本全国7自治体4団体が参加)>

  • ◆沖縄県宜野湾市
    「普天間基地返還後の跡地で活躍できる国際性のある若者を育成する! 」
  • ◆佐賀県(日本IDDMネットワークとの連携)
    「子供達に”不治の病”を発症させない『ワクチン開発』への挑戦」
  • ◆佐賀県(SuccaSencaとの連携)
    「 【SAGA食べる通信】捨てられる食べ物を生産現場から無くしたい!顔の見えるフードロススイーツプロジェクト」
  • ◆佐賀県(A-PADジャパンとの連携)
    「”空飛ぶ医師団”始動 被災地で命の危機にさらされている人々を救うために」
  • ◆佐賀県(ピースウィンズ・ジャパン)
    「ピースクラフツSAGA 衰退から進化、 発展へ! 工芸事業者の挑戦を応援しよう!」
  • ◆北海道遠別町
    「若い世代の「こころ」をとらえる ドローンプロジェクト 北海道遠別農業高校の挑戦」
  • ◆山形県長井市
    「安心して子育てができるまちにする!祝福のBabyBoxを贈り、 地域とママをつなげたい」
  • ◆山形県長井市
    「満84歳!まだまだ現役の日本最大級の木造校舎の保存・活用プロジェクト!」
  • ◆岐阜県八百津町
    「世界記憶遺産国内審査通過!杉原千畝を後世に伝えよう!」
  • ◆宮崎県綾町
    「オーガニックの町、 宮崎県綾町の魅力を100年後の未来に伝えよう!」
  • ◆長崎県松浦市
    「213人の島民全員が立ち上がった「宝の海・青島」を未来へ残していきたい」

CONTACT TRUSTBANK