ふるさとチョイス、ふるさと納税のプロジェクト型で寄附を募る ガバメントクラウドファンディング®と災害支援の合計寄附金額が累計で100億円に到達

~ ふるさと納税を通じて、地域への共感や支援の想いからの寄附が広がる ~

株式会社トラストバンク(本社:東京都目黒区、代表取締役:須永珠代、以下「トラストバンク」)は本日1月25日、当社が企画、運営するふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」( https://www.furusato-tax.jp )において、プロジェクト型でふるさと納税の寄附を募る「ガバメントクラウドファンディング®(GCF)」と「ふるさとチョイス災害支援」の合計寄附金額の累計が100億円に到達しましたので、お知らせします。本日時点で「GCF」は約46億円、「ふるさとチョイス災害支援」は約54億円が集まりました。

「GCF」は、2013年9月に当社が発案したふるさと納税を活用したクラウドファンディング型の仕組みです。自治体がプロジェクトのオーナーとなり、地域の課題や挑戦を公開するとともに、課題の解決や挑戦に必要な費用を提示します。自治体は、主にお礼の品ではなく、プロジェクトへの共感や支援の想いから寄附を募ります。自治体が立ち上げるプロジェクトのため、信頼性が高く、また自治体の活動が広く知られる点が特徴です。プロジェクト数は年々増加しており、2018年は、前年比約2倍となる226のプロジェクトが立ち上がりました。

 当社が2014年に開始した「ふるさとチョイス災害支援」は、有事の際にふるさと納税制度を活用して、被災地への寄附を募る仕組みです。「平成28年熊本地震」には、被災した自治体の代わりに代理で他の自治体が寄附を募る「代理寄附」のスキームを構築し、被災自治体職員の負担の軽減とともに、自治体間の助け合いの輪が生まれました。昨年は、全国で発生した13もの災害において、プロジェクトが立ち上がり、「平成30年7月豪雨」の災害には、約8万件の寄附と15億円を超える寄附金が集まりました。「ふるさとチョイス災害支援」は、寄附者からの寄附金に加えて、応援のメッセージが届きます。「平成30年北陸・北海道豪雪」では、被災した福井県福井市が寄附者からの応援メッセージを市のホームページや市役所市民ホールに掲示するなどして、被災した方々に全国からの支援の声を届けました。

 トラストバンクは今後も、「ふるさとチョイス」を通じて、プロジェクト型の仕組みである「GCF」と「ふるさとチョイス災害支援」の普及に力を入れるとともに、地域への支援の想いを全国地域に届けることに注力してまいります。


※ここに掲載されている情報は、発表日時点の情報です。最新の情報と異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

CONTACT TRUSTBANK